鳥山 敦生 (とりやま あつお/ATSUO TORIYAMA)

大きなテラスのある家-11
大きなテラスのある家

大きなテラスのある家

大きなテラスのある家
設計のポイント
緑に囲まれて生活を楽しむ住宅
肩の力が抜ける開放的な高天井
南庭へと抜ける広いテラス

大きなテラスのある家2-15
大きなテラスのある家

大きなテラスのある家2

大きなテラスのある家
リビング~テラス~南庭はオールフラット
ハンモックもかかっています。

板壁の家(自宅)-14
板壁の家(自宅)

板壁の家(自宅)

板壁の家(自宅)
玄関 夜景
透けた門扉と敷レンガのアプローチ
足元の低いライトの光が出迎えてくれる

板壁の家(自宅)2-10
板壁の家(自宅)

板壁の家(自宅)2

板壁の家(自宅)
リビング
奧は中庭、木製のガラス戸はフルオープン
薪ストーブは冬の楽しみ
ソファは36年目となる、布は2度張り替えた。

板壁の家-13
板壁の家

板壁の家

板壁の家
薄暮のダイニング、庭の緑が一際映える極上のひととき。

切り妻屋根の家-16
切り妻屋根の家

切り妻屋根の家

切り妻屋根の家
古い町並みに呼応して、板の外壁と漆喰の壁、
屋根は切り妻の瓦屋根とした。
南北に細長い敷地、湾曲した道路に沿って3つの切り妻が
緑と交互にリズミカルに並ぶ。

アメリカンブラックチェリーの家-09
アメリカンブラックチェリーの家

アメリカンブラックチェリーの家

アメリカンブラックチェリーの家
老後を楽しむ夫婦のための離れ的な住まい。冬期の日差しを入りやすくするため高床式とし、
ハイサイドの窓を設けた、これは夏場の通風・自然換気も期待している。
家具はほとんどブラックチェリーのオリジナル家具となっている。

R屋根の家-12
R屋根の家

R屋根の家

R屋根の家
同じ敷地に親子2世帯が暮らす、親御さん夫婦のための家。
お互いの趣味を十分楽しむ事ができる住まい。

建築家名
鳥山 敦生
事務所名
鳥山敦生建築設計室(とりやまあつおけんちくせっけいしつ)
所在地
〒460-0002 名古屋市中区丸の内1-8-23 第7KTビル
連絡先
TEL 052-202-1643 / FAX 052-232-1377
メールアドレス
arch@e-ata.com
URL
www.e-ata.com
ブログ
http://blog.livedoor.jp/atsuo1643/
血液型
O型
趣味
読書、音楽(オーボエ、ドラムス)、海外旅行、囲碁、海釣り
好きなもの
ビール、ブイヤーベース、ふろふき大根、薪ストーブ
建築家になった
きっかけ
時代を超えて残る物をつくりかったこと。 創造的な仕事に携わりたかったこと。

コメント

■いい家とはどんな家?
安心して豊かに暮らせる家。四季を感じること、自然の恵みを感じられること。
華美にならず品格があること

■住みやすい家とは
ほっとする家。人間の最も巣の部分とつきあうのが家、暮らしにくつろぎと安らぎがあり、何となく家族がそれぞれに過ごせるたまり場がある。好みや生活スタイルは年齢によって変化してくるものなの、建築家はそこまで理解して要望に応えたい。自分の住んでいるところには素直に愛情を感じたいものだ。

プロフィール

1950年
名古屋大学工学部建築学科卒業
1973年
藤川建築設計事務所(現:株式会社 藤川原設計)
1983
鳥山敦生建築設計室開設
1993 -1999
愛知県建設センター非常勤講師
2000 -2004
愛知工業大学建築工学部非常勤講師

受賞歴

1991
一宮市ワンポイント建築賞
1995
第2回NEGデザインコンペ入賞
1996
一宮市まちづくりワンポイント賞

イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ