関口 啓介 (せきぐち けいすけ/KEISUKE SEKIGUCHI)

famiry-ship1-11
Famiry-ship1

famiry-ship1

Famiry-ship1

famiry-ship2-12
Famiry-ship2

famiry-ship2

Famiry-ship2

北方の家-13
北方の家

北方の家

北方の家

小坂井の家-14
小坂井の家

小坂井の家

小坂井の家

前熊の家-15
前熊の家

前熊の家

前熊の家

大戸土間の家-16
大戸土間の家

大戸土間の家

大戸土間の家

高須賀の家-17
高須賀の家

高須賀の家

高須賀の家

飛鳥台の家-18
飛鳥台の家

飛鳥台の家

飛鳥台の家

建築家名
関口 啓介
事務所名
人建築事務所(じんけんちくじむしょ)
所在地
〒454-0994 名古屋市中川区長須賀二丁目1101番地
連絡先
TEL 052-432-8550 / FAX 052-432-8551
メールアドレス
info@jin-ken.com
URL
www.jin-ken.com
ブログ
http://sumai-rarara.cocolog-nifty.com/blog/
血液型
A型
趣味
バイクでぷらぷらと走ること、構築ごと、アートに触れること
好きなもの
バイク、ビール、焼酎、人間、アート、ジャズ、唄
建築家になった
きっかけ
大工棟梁の息子として、子どもの頃から建築現場で過ごし、その構築過程に興味をもったのがきっかけです。

コメント

家(うち)とは、ハードとしての器という意味だけではなく、家族やペット、愛着のある道具や身の回りのモノ、それらの歴史までをもシークエンス(継続的)に内包する存在であったりします。だからこそ、家(うち)に帰るという言葉には心地よい安堵感を覚えるのでしょう。そのように暮らしや家族までをも内包する家(うち)は、社会の最小単位であり、人生の基盤をなすものともいえます。しかし、このように重要な住まい造りも、ややもすると目先の利便性や流行のかたちやコストだけにとらわれてしまうことがあります。便利でかゆいところに手が届く住まいよりも、「憎たらしいくらい、この家でよかった」と晩年言ってもらえるような住まいをつくれるようになりたい!と願っています。“住まいは人間の生活の可能性を用意するもの”でもあるのですから。

プロフィール

1966
静岡県静岡市生まれ
1984
静岡県立静岡東高等学校卒業
1986
東京理工専門学校建築学科卒業(新聞奨学生)
大工修業
1987
建築設計修業
1993
JIN建築事務所開設
2006
人建築事務所に改称
2011
三重大学大学院工学研究科建築学専攻修了(富岡研究室)
2013
事務所開設20周年

受賞歴

2010
平成22年すまいる愛知住宅賞佳作入選

ブログ

建築家の意伝子
日時 平成27年3月26日 18:00~20:00 場所 日本建築家協会東海支部 名古屋市中区栄四丁目3番26号 昭和ビル5階 会費 500円 ワンドリンク(ア...

イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ