生津 康広 (なまつ やすひろ/YASUHIRO NAMATSU)

マンションリノベーション(2010)
マンションリノベーション(2010)

マンションリノベーション(2010)

マンションリノベーション(2010)

H邸(2011)
H邸(2011)

H邸(2011)

H邸(2011)

宮崎医院(2006)
宮崎医院(2006)

宮崎医院(2006)

宮崎医院(2006)

M邸(2011)
M邸(2011)

M邸(2011)

M邸(2011)

桜ヶ丘の家(2002)
桜ヶ丘の家(2002)

桜ヶ丘の家(2002)

桜ヶ丘の家(2002)

N邸リノベーション(2010)
N邸リノベーション(2010)

N邸リノベーション(2010)

N邸リノベーション(2010)

照(TERU)クリニック(2012)
照(TERU)クリニック(2012)

照(TERU)クリニック(2012)

照(TERU)クリニック(2012)

K邸(2010)
K邸(2010)

K邸(2010)

K邸(2010)

建築家名
生津 康広
事務所名
生津建築設計室アーキハウス(なまつけんちくせっけいしつあーきはうす)
所在地
尾張旭市桜ヶ丘町2-59 グランドアーツ桜ヶ丘301号
連絡先
TEL 0561-51-5002 / FAX 0561-51-5011
メールアドレス
namatsu@archihouse.jp
URL
www.archihouse.jp
ブログ
http://archihouse.blog.so-net.ne.jp/
血液型
O型
好きなもの
椅子、ギター、お酒(特に日本酒)、ラーメン、お好み焼き
建築家になった
きっかけ
小さい頃からものづくりが好きで、プラモデルや模型飛行機などを作っていた私。10歳の時開催された大阪万博を見たことがきっかけで建築家を夢みることになりました。

コメント

「柱のキズはおととしの・・・」。柱に記された跡は当時の記憶を呼び覚まします。家は生活の過程を蓄積する記録装置とも言えます。楽しいこと、悲しいことなど、いろいろなエピソードを伴いながら時は流れ、暮らしの記憶が人の記憶とともに、その舞台としての家にも蓄積されるのです。時とともに味わいを深める家がいいと思います。家そのものの経年変化ばかりではなく、生活の積み重ねがそれをもたらすからです。この先何十年という家族の生活を記録が家に刻み込まれることを想像すると、家づくりは楽しくなってきます。

プロフィール

1959
岐阜県生まれ
1978
岐阜県立斐太高等学校卒
1982
京都工芸繊維大学工芸学部建築学科卒
1982
㈱東海設計
1986
建築設計室アーキハウス設立
1999~
豊田工業高等専門学校非常勤講師
2006~
大同工業大学非常勤講師

受賞歴

1987
日本建築家協会東海支部設計競技 一般の部 金賞受賞
京都府大宮町「小町の舎」デザインコンペ 佳作入選
2008
CCDO(中部デザイン団体協議会)第4回デザインアオード グランプリ受賞

ブログ

長浜タワー
昨日、家族で滋賀県の長浜に行ってきた。 長浜と言えば「黒壁スクエア」だが、一番おもしろかったのはこの建物。        ...

イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ