才本 清継 (さいもと きよつぐ/KIYOTSUGU SAIMOTO)

田園のコートハウス
田園のコートハウス

田園のコートハウス

田園のコートハウス
門扉を開くとあらわれる光景。
庇は人を迎えるためスケールを抑え、軒先は薄くシャープに表現。
玄関扉わきのガラスからはコート(中庭)の光と緑が透けて見える。

二つのコートの家
二つのコートの家

二つのコートの家

二つのコートの家
住居密集地域にあり、右の壁は隣地建物。
門扉を開くとデッキのコートが人を迎える。
そこを抜けて玄関に到達する。
1階は親世帯、2階は子世帯の2世帯住宅。

丘の上のコートハウス
丘の上のコートハウス

丘の上のコートハウス

丘の上のコートハウス
道路から階段を1階分ほど上がるとこのスペースがある。
ここは人を迎える外の玄関でもあるが、
ダイニングと一体に使用する外のリビングとしても使われる。

自由が丘のコートハウス
自由が丘のコートハウス

自由が丘のコートハウス

自由が丘のコートハウス
敷地の高低差を利用し地下には駐車場を設け、その上をコートとした。
オーニングテントは夏季にコンクリートが焼けるのを防ぎ風の道をつくる。

風の抜ける家
風の抜ける家

風の抜ける家

風の抜ける家
正面の隣地には姉家族の住む家があることと、
光と風を生活に取り込むように開口部を設けた。
夏季の熱気はロフトの窓から排除し風の道をつくり、
冬の寒さには床暖で対応。

セミコートハウス
セミコートハウス

セミコートハウス

セミコートハウス
リビングとダイニングから前庭を見る。
それぞれのサッシは引き込み扉としてフルオープンができ、
段差もなくし、室と庭が一体として感じることができる。

一宮の民家再生
一宮の民家再生

一宮の民家再生

一宮の民家再生
土地の湿気を改善するための床上げと耐震補強を行い、
終の棲家にするために小さな増築をした。
この玄関は2階の床を抜いて吹き抜けとし、
ゆったりとした階段ホールを兼ねた。

一宮の民家再生
一宮の民家再生

一宮の民家再生

一宮の民家再生
増築部分はリビング、ダイニング、キッチンと水回りをワンルームに収めた。
壁、天井は漆喰塗で人の手のぬくもりが感じられる。
北下がり勾配の天窓と光調節カーテンをつけた。

建築家名
才本 清継
会社名
株式会社 才本設計アトリエ(かぶしきがいしゃ さいもとせっけいあとりえ)
所在地
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-17-10 丸和ビル3階
連絡先
TEL 052-212-2988 / FAX 052-212-2989
メールアドレス
saimoto@saimoto.jp
URL
www.saimoto.jp
ブログ
http://blog.livedoor.jp/sai_livedoor/
血液型
B型
趣味
世界のいい環境(庭園)、いい建築を体験すること、 古から現代まで、いい芸術作品や音楽作品に触れること。
好きなもの
心尽くしの和食
建築家になった
きっかけ
なし

コメント

心地よい住まいづくり、そしてこだわりを大切にする住まいづくり
日本の多湿な風土や、ときには厳しい寒暖のもと、太陽光やそよ風などの自然の恵みを生かした心地よい住まいを心がけています。また住み手のこだわりを十分尊重しその人らしさを表現した住まいづくりを目指したいと考えます。
耐震性能を理解して安心・安全な住まいづくりを目指します
建築(住まい)の耐震性能に関しては、クライアントの皆様に、わかりやすい合理的な説明をいたします。そして皆様に納得していただいたうえで耐震性能を決定します。皆様が安心できる建築(住まい)づくりを目指しています。
広い年代層のクライアントのご要望にお応えできる設計組織
クライアントの皆様の、幅広い年代層にお応えできるスタッフ陣容で、皆さまをお迎えします。経験豊かなベテランの私、才本のほか、30代の中堅と20代の若手、合わせて三人の男性建築士で議論を重ねながら設計を進めています。また、外部スタッフとして主婦としても経験豊かな女性建築士(インテリアコーディネーターも併せ持つ)もおり、バランスの良いスタッフ構成でクライアントの様々なご要望にお応えしております。

プロフィール

1975
名古屋大学大学院建築学専攻・修士課程修了
1975~
1985 青島設計室勤務
1986
才本設計アトリエ設立
1990~
株式会社 才本設計アトリエに改組 現在に至る
1992~
2004 椙山女学園大学生活環境学科非常勤講師
1997~
なごや福祉用具プラザにて住まいの相談担当
2004~
NPO法人「いきいきリフォーム支援機構・愛知」理事
2005~
大同工業大学建築学科非常勤講師

受賞歴

すまいる愛知住宅賞
1998
振甫町の家
2002
SMALL HOUSE SMALL OFFCE
2004
二つのコートの家
2010
田園のコートハウス、佳作
防犯住宅大賞
2012
中央台のコートハウス

ブログ

多治見 虎渓山永保寺の景観
虎渓山永保寺は夢窓国師が正和2年(1313年)、39才の時、行雲流水の途すがらここの地形を賞して「山水天開画幽境(その山水の景は大自然の中に描かれた絵のような幽...

イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ