平野 恵津泰 (ひらの えつやす/ETSUYASU HIRANO)

HR邸
HR邸(リノベーション)

HR邸_l

HR邸(リノベーション)
2階に空中テラスを設け、リビングは外部までの広がり持つことができた。既存の周辺環境
との関係の中でも、その人らしいオリジナルな暮らしを実現しています。
撮影:アーキフォトKATO

YS邸
YS邸

YS邸

YS邸
家の中心に据えた「屋根だけぽっかり抜かれた家具の一部のような空間」が部屋の中に自然
を引込み、風の音や太陽の光、空の色や雲の動きが、時の移ろいを感じさせてくれる。
撮影:アーキフォトKATO

TJ邸
TJ邸

TJ邸

TJ邸
天井に沿って空を望むことのできる、家族室は中庭と一体となり、動線や生活の意識が
中心で交差する。くらしが、家族室を中心に広がって行く。
撮影:アーキフォトKATO

IW邸
IW邸

IW邸

IW邸
まわりにカウンターや、ライブラリー、ワークスペースがある吹抜が
この家の中心となり、家族それぞれの居場所がつくり出す大きな吹
抜の空気感がこの家のメインルームとなる。
撮影:アーキフォトKATO

SW邸
SW邸

SW邸

SW邸
二世帯の家族がいつも一緒に、家事や団らんを楽しむ家。日常の
“出会い”を演出し、"なんとなく”一緒に居るのが心地よい、“家
族”であることが自然な家。
撮影:Nacasa&Partners

UM邸
UM邸

UM邸

UM邸
守られたウチ向きな性格のくらしと、ソトを感じる開放的な特別なくらし。この相反
する2つの性質(生活空間)が共存することで、日常のくらしに彩りを添えてくれる。
撮影:アーキフォトKATO

AR邸
AR邸

AR邸

AR邸
頑丈なコンクリートの十字の壁は、生活空間を分割することが目的ではなく、家族みんなが
心地良いと感じる居場所を作り出すことで、家族が寄り添って暮らすための仕掛となる。
撮影:アーキフォトKATO

KW邸
KW邸

KW邸

KW邸
街の環境を屋内に引き寄せる仕組みを建物全体に与えることで、家族の
生活そのものが自然(街)の一部となることで、「街の気配を引き寄せ
て、街に守られた家を作る」ことを目指した。
撮影:Nacasa&Partners

建築家名
平野 恵津泰
会社名
株式会社 ワーク・キューブ(かぶしきがいしゃ わーく・きゅーぶ)
所在地
〒466-0059 名古屋市昭和区福江1-7-2
連絡先
TEL 052-872-0632 / FAX 052-872-0633
メールアドレス
info@workcube.jp
URL
workcube.jp
ブログ
http://workcube.jugem.jp/
血液型
O型
趣味
映画鑑賞、妄想
好きなもの
日本酒、日本酒に合う食物
建築家になった
きっかけ
建築家という面白い存在を知った時。これなら自分も目指してみようと、思った。自分が持っていた、新しいものを創る喜び、気づいたら、今の自分がここにいる。

コメント

住まいの主役はやはり、住み手です。我々が出来ることは、ほんの一部のお手伝いであって、決してデザインの押し売りではありません。住み手の顔の表情(笑顔)まで、想像できるような、住まいづくりを心がけています。
新しい生活の門出のお手伝いが出来ることが、何よりもの喜びです。

プロフィール

1965
愛知県蒲郡市生まれ
1987
明治大学工学部建築学科卒業
青島設計入所
1992
株式会社ワーク・キューブ協同設立

受賞歴

  • Good Design Award
  • INAXデザインコンテスト
  • 中部建築賞 他多数受賞

イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ