ブログ

関口啓介(せきぐち けいすけ/ KEISUKE SEKIGUCHI)

会社名
人建築事務所
所在地
名古屋市中川区長須賀二丁目1101番地
URL
http://www.jin-ken.com

more

最近の投稿
建築家の意伝子
下之一色のまち
穂の国 芸術劇場
会議中
建築教室

建築教室

2013.12.05

2007年より続いている小学校での建築教室(日本建築家協会愛知地域会青年委員会)が今年も開催された。

今年のテーマは「言葉と構築」
ネアンデルタール人とクロマニヨン人の話しを児童にさせて頂いた。4万年前、地球上に同時期に生きていた二つの人類。脳の大きさも、体格もさほど現生人類と変わりがない二つの人類。その後訪れた氷河期、ヴェルム氷期で多くの生物が絶滅していく…
二つの人類はどうなったか…

児童に尋ねると、一人の児童が、ネアンデルタール人は絶滅し、クロマニヨン人は生き残った!との回答!

その通りである。(遺伝子的にはごく微量に、現生人類にネアンデルタール人のものが混じっているらしいが)
クロマニヨン人は言葉を話し、集団で生活をし、マンモスの骨を組み上げ最初の家、建築をつくった。
一方、言葉を使えないネアンデルタール人はバラバラに生活をして同じ人種であっても敵対関係にあり、殺して食べてしまうようであった。クロマニヨン人の家を真似て作ったといわれるが、自ら創り出すことはできなかった。

二つの人種の違いは、言葉を使う、創造する、構築する
である。
いまは、氷期と変わらないぐらいの厳しい環境変化と、激動の社会情勢である。
児童たちに、それを乗り越える自らのチカラを築いていって頂きたい!
との願いからであった。

建築ジャーナル、読売新聞、中日新聞、ケーブルテレビの取材があった。それぞれローカルの欄ではあるが、載せていただけるのはありがたい。


イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ