main_img


サザンの桑田さんにも影響を与えた文化

「都々逸」のような音数律の曲は、現代でもたくさんみることができます。サザンオールスターズを例に紹介しますと、こんな感じです。
『 恋の花咲く ロマンの都 女ばかりに 気もそぞろ 』
『 夢もほころぶ 小意気なジルバ 君と銀座の キャフェテラス 』
このように、日本独自の調子の七・七・七・五は、日本の音楽に深く根付いていることを知ることができます。 ところで、この「都々逸」、最近では生演奏をなかなか見ることができないようで、東京(江戸)でも、深川あたりの高級料亭で、年期の入った芸者さんを呼んでお願いするしかないのでは?と言われています。
 
事実、三味線を弾きながら粋に「都々逸」を唄うというのは、かなり高度なテクニックが必要で、三味線と唄の達人でないと、様々な即興アレンジを盛り込んだ「都々逸」を聴かせることができないと言われています。
名古屋には、この「都々逸」を日々研究し、演奏・普及につとめている「熱田神戸節・どど一保存會」という会があり、代表の華房真子さんは、とても艶のある粋な「都々逸」を聞かせてくれる名手です。一度、その世界を覗いてみることをお勧めします。

粋で洒落、ちょっとエッチな楽しみ方

最後に、誰が作ったかわからないけれど、比較的ポピュラーな唄をいくつか紹介します。現代的なブラックジョークや、少しエッチな艶っぽい歌詞など、それぞれお楽しみください。
 
『 横に寝かせて、枕をさせて、指で楽しむ、琴の糸 』
今夜もいい音色きかせてね(^_-)-☆
 
『 恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす 』
うーん。なっとく・・・
 
『 惚れた数から、振られた数を、引けば女房が、残るだけ 』
その通り・・・かな?
 
『 惚れて通えば千里も一里 逢わで帰ればまた千里 』
あの娘は今何処・・・(;_;)
 
『 ゆうべしたのが、今朝まで痛い、二度とするまい、箱枕 』
長時間しすぎでしょ・・・(*´▽`*)
 
『 岡惚れ三年、本惚れ三月、思い遂げたは三分間 』
当時は、吉原通い  今は〇〇○通い??
 
『 肉屋の夫婦に双子が出来た これが本当のソーセージ 』
わかりやすい、楽しい洒落ですね。
 
『 たった一度の注射が効いて こうも逢いたくなるものか 』
特に、女性には効く特効薬があるらしいです
 
『 一人でさしたる唐傘なれば、片袖濡れよう筈がない 』
もの言わぬ証拠にはご注意m(_ _)m
 
『 帯も出来たし箪笥も出来た、そろそろ旦那と別れよか 』
昔も熟年離婚があったのでしょうか?
 
『 家も買ったし、指輪も買った、そろそろ旦那の保険金 』
したたかさが怖い・・・(@_@)
 
『 おろすわさびと恋路の意見 きけばきくほど涙出る 』
どちらもほどほどに・・・
 
『 出来たようだと心で察し、尻に手をやる、燗徳利 』
察して行動するのにもタイミングが肝心(*´ω`*)
 
『 梅も嫌いよ、桜も嫌い、ももとももとの間(あい)がいい 』
梅も桜も好きですが・・・(っ^_^)っ
 
『 主と私は、玉子の仲よ、わたしゃ白身で黄身を抱く 』
昔からある掛け言葉ですね
 
『 添うて苦労は覚悟だけれど添わぬ先から、この苦労 』
美しくてもじゃじゃ馬は覚悟が要りますね(^_^;
 
『 酒の肴に新聞出され 見れば世間のアラばかり 』
座布団1枚!!
 
『 雷(らい)の光で逃げ込む蚊帳の 中でとらるる へその下 』
へその下?どんな鬼?
 
『 お前正宗 わしゃ錆び刀 おまえ切れてもわしゃ切れぬ 』
男は人情、女は感情ってことかな?
 
『 出会い頭に頭と頭 ア痛かったと目に涙 』
かわいい洒落ですね(´;ω;`)
 
『 重い体を身にひきうけて 抜くに抜かれぬ腕枕 』
しびれる〜 愛情に・・・(^_^;
 
『 面白いときゃお前とふたり 苦労するときゃわしゃひとり 』
男は黙って・・・なのか? 愚痴なのか?
 
『 久しぶりだよ一番やろう 早く出しなよ 将棋盤 』
えっ?将棋するんだ・・・ てっきり・・・
 
いかがでしたか?ちょっと大人過ぎましたか?
 
「都々逸」は、基本的に自由に作って楽しめますが、そこが案外難しい部分でもあるようです。そう思うと、粋な人生経験をした人ほど味わえる高尚なお遊びかもしれません。歌詞は、俳句のように無限なので、粋な唄を作ってみるのも、脳トレになるかもしれません。皆さんも一度作ってみませんか?傑作ができたら、ぜひ教えてください。
 
まだまだ人生経験の少ない私は、もう少し勉強をしなければなりませんので、「都々逸」を語れる男を目指し、少し粋な旅でも。と思う今日この頃です。

今回のレポーターを務めた建築家

関戸 隆久(せきど たかひさ/ Takahisa Sekido)

関戸 隆久(せきど たかひさ/ Takahisa Sekido)
株式会社I.P.U建築計画
名古屋市東区泉一丁目21-35
TEL 052-955-3070 / FAX 052-955-3071
http://www.ipu-ad.jp
建築に限らず、生活用品から美術・芸術にいたるまで心を込めて人間の手で創るものは、とても強く優しく美しいものです。大量生産品には決して作ることができない魅力は、人々の豊かな感覚に働きかけることができるものだと思います。創り手の技術と感性による……
more

イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ