main_img


アートが好きなので、アーティストとの出会いも、少しご紹介。
(アーティストという言葉は、タレントがテレビ等で、軽薄に使っているので、好きではない。が、「造形作家」では少し硬いし、とりあえず、この言葉を使う。)

国島征二(額田)
作)国島征二作)国島征二
この地方だけでなく、世界に発信能力のあるアーティストなので、私が作品について説明することは特にない。とにかくスバラシイ、作品も人も。ギャラリーなどでお会いする時は、いつも夫人と御一緒。「若い時から糟糠の妻として、征二氏をサポートしてきた。」とは夫人のお話。ウチのカミさんにも、「少し見習って欲しい。」とわがままを言っては、彼女の気分を損ねている。
反省!
味岡伸太郎(豊橋)
作)味岡伸太郎作)味岡伸太郎
マルチタレント、三河のダビンチ?実に多才の持ち主(タイポグラフィ、グラフィックデザイン、絵画、彫刻、陶芸、建築、家具、出版、ランドスケープ……)都に登らず、地方にこだわって、創作活動を続けている。意味ありげだが、多くを語らない。エネルギッシュな仕事には、いつも元気付けられる。特に、文字表現(墨の書道ではない)が私は好きだ。いがぐり頭の個性的な風貌は、一度見たら忘れられない。
杉浦イッコウ(碧南)
作)杉浦イッコウ作)杉浦イッコウ
通称イッコウさん。岡崎の画廊で知り合って、20 年以上になる。その間、多くの作品を見せてもらった。優し過ぎる人だが、作品はスバラシイ。特に初期の作品(スペース オデッセイ シリーズ)が好きだ。色、形とも私の好み。少々、作品も購入した。好きな作品に囲まれた空間は、居心地がいい。
森一洲(岡崎)
作)森一洲作)森一洲
毎年、岡崎市美術館でやっている「美側展」で彼を知った。20 年くらいの付き合いだ。アクリル絵の具の独特の造形は、私の美的感覚とよく合う。特に色彩がいい。見る人誰もが、気持ち良くなれるに違いない。
時々、私が設計した住宅の竣工祝いに、施主へプレゼントしている。
板倉鉱司(安城)
作)板倉鉱司作)板倉鉱司
鉄の作家。本職は鉄工場の経営者、職人。2 年前、碧南周辺のアーティストの作品展を、藤井達吉美術館で見た。その時、目に止まったのが、板倉さんのひょうきんな鉄の作品。後日、自宅を訪問して、他の作品を見せてもらいながら、いろいろお話をうかがった。髭もじゃのニコニコおじさん、すっかり、人柄にほれ込んだ。
作品と人(板倉さん)がピッタシな、優しいフィーリング。彼の作品を前にすると、思わず「クスッ」と口元がゆるむ。
平松聰志(岡崎)
作)平松聰志作)平松聰志
岡崎の山奥で、自動車整備工場をやりながら、鉄の作品創りをしている。2年前、岡崎周辺のアーティストの展覧会で、彼の作品が目に止まった。自動車のピストンで 作った 人 形 達。トンボ、カマキリ、クワガタ等、鉄の巨大昆虫。その中で、特にカマキリが気に入った。今、私の家にいる。「さー かかってこい」毎朝、ファイティングポーズをとる ” 伊賀鎌之介 ” に声をかけてやる。「今日の調子はどうだ」「さて、今日一日 ” 時間 ” と、どうタタカウか?」エネルギーが、じわーと体に満ちてくるのであります。
村松泰(岡崎)
BRAHMS SALLⅡBRAHMS SALLⅡ
医師、妻の中学の同級生。診療所、自宅、音楽ホール、茶室など設計させてもらった、大切なクライアント。蒲郡で、胃腸科外科の院長をしているが、新星日本交響楽団を指揮したこともある音楽家。クラシックに興味のなかった私も、彼のおかげで、すっかりクラシックファンになった。モーツアルト、ブラームス……ブラボー。私が設計した音楽ホール(BRAHMS SAALⅡ)で、よくコンサートを開催された。若手の音楽家をサポートする企画が多かった。事情があって、最近は、やられていないが、ずいぶん楽しませてもらった。感謝、謝謝!
同前真治(岡崎)
岡崎 jazz street のフライヤー岡崎 jazz streetのフライヤー
岡崎 jazz streetの生みの親。5~6 年前、経営されていた会社をご子息に譲られ、”好きなジャズ”による街おこしに、取り組んでおられる。毎年11月の第一土曜、日曜、岡崎中がジャズに包まれる。2006 年から始まって7年。少しずつ、岡崎がジャズの街として、全国に知られてきたようだ。十数年前に、氏のマンションの改装を、知人を通じて依頼されて以来、お付き合いが続いている。ダンスが上手な仲のいいご夫妻。ジャズへの熱狂ぶりが、少々まぶしい。ナイスジジイ、ガンバレ!

私が出会った「いい人」は、皆「一灯照隅、万灯照国」の実践者だ。

今回のレポーターを務めた建築家

藤田 義勝	(ふじた よしかつ/ Yoshikatu Fujita)

藤田 義勝(ふじた よしかつ/ Yoshikatu Fujita)
藤田建築設計事務所
愛知県岡崎市江口 2-2-20
TEL 0564-53-5857 / FAX 0564-53-6560
www.mis.ne.jp/~fujita/
住まいは、生活を豊かにするもでなければなりません。住まう人、一人一人豊かさの感じ方は、異なります。家づくりは、「豊かさ」を家族皆で考える絶好のチャンスです。真剣に考えてみませんか。そして、既製品の家を買うのではなく、自分達の理想の家を一緒につくりませんか。
more

イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ