main_img


立ち止まって、耳を傾けてみよう。
毎日の生活に追われていては、聞こえない「小鳥のさえずり」が耳に入ってくるはずだ。
「さんぽ」によって、普段では見えてこない「街」を発見しよう。
きっと、あなたの住む「街」が、もっと、好きになるはずだ。

レポーター紹介 吉元学

前回は、詩人として活躍する村田仁さんと一緒の「さんぽ」でしたが、今回は、いつものように、一人で名鉄瀬戸線「森下駅〜尼ヶ坂駅〜清水駅」沿線を「さんぽ」しました。

浄土宗・円満寺

いい名前で、ご利益がありそうです。嫁姑問題もうまくいきそうです。

  • 浄土宗・円満寺
  • 左:駐車場の何気ない看板ですが、アート作品に見えます。
    右:石の名前は「重軽さん」です。思ったより軽く上がれば、願いが叶うとの事。

義市稲荷社

名古屋市立工芸高校の裏手にあって、赤い鳥居をくぐると、小さなお社があります。
事務所が儲かるように、お参りしていますが……お賽銭は、ケチっちゃダメですね。

義市稲荷社

尼ヶ坂

片山神社を挟んだ反対側にある「坊ヶ坂」と共に、名古屋の心霊スポットになっているようです。私はまだお会いした事はありませんが、首が飛んでいるそうです。

  • 尼ヶ坂
  • 左:「坊ヶ坂」です。何か写ってたりしますか?
    右:この坂は、名古屋城内と城外を分ける坂で、昔は山賊が出没したそうです。ちなみに、下を活断層が通っている事が判明したそうです。

曹洞宗・普光寺

ここは、まさに「御利益のデパート」です。

  • 曹洞宗・普光寺
  • 門をくぐると、迫力のある北大仏。手前は如意輪観音様。
  • 曹洞宗・普光寺
  • 左:龍の口から数珠が出てきて、108の煩悩を食べてくれる「龍珠」は、子供達も楽しいのでは?
    右:弘法大師からお稲荷さんまで、一度にお参りできます。

イベント情報

凸凹を探そう 名古屋スリバチ学会

ページトップ